TinyVisor

パソコン(PC)に内臓されているCPUとメモリ、I/Oを分割して各VMに割り当て、OSにそれらを直接制御させることで、ホストOSなしで各OSが独立して動作可能なHypervisor(VMM)を開発するプロジェクトです。

最初の目標は、ひとつのPCでふたつのOSを動作させること、次の目標は各OSを個別に再起動可能にすることでしたが、2014年1月にこれらの目標を達成し、1.0をリリースしました。

OSは、Linux、Windows、FreeBSDが動きます。

VMMはBitVisor(BSDライセンス)をベースとし、AMLインタープリタや標準ライブラリの一部の関数をNetBSDやFreeBSDから移植しています。 Guest BIOSはSeaBIOS(GPL)をベースとします。

バグ報告
メーリングリスト
ドキュメント
TinyVisorの最新のリリースなどのファイルをダウンロードするには、TinyVisorのダウンロードファイル一覧のページに移動し、ファイル名を選択することで、ダウンロードが始まります。